オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

天井に雨染みが!!屋根点検と雨漏り修繕工事 施工事例


天井に雨染み
幸手市N様邸 2階の天井に雨染みがあり心配なので台風シーズンの前に直したいとご相談いただきました。

まずは屋根の点検時の様子をご紹介します。
天窓廻り
梯子で屋根に上って、屋根全体を確認するとコロニアルの割れなどはなく、塗装されて間もないようで屋根材自体には問題はなさそうでした。
次に雨漏りの進入経路となりうるような不具合などがないか細かく点検していきます。
天窓は最も雨漏りのリスクが高いので取り合い部分は要チェック!
指が入る
棟部分を点検すると、、、
隙間
棟板金とコロニアルの間に
指が入る程の隙間が!!
棟板金の浮き
棟板金を留めている釘が抜けていて、棟板金が浮いていました!!
ここに雨が吹き込むと屋根材の下の防水紙に雨水が流れることになってしまうので、防水紙の劣化を早めてしまいますし、不具合があるとそこから雨漏りしてしまう可能性もあります。
また、貫板の腐食も進み、強風で棟板金の飛散する可能性もありとても危険な状況です。
天窓コーキング
修繕方法として、天窓廻りの吹込み防止の
コーキング処理を行いました。


また、棟板金と貫板の交換を行いました。
既存撤去後は防水テープ処理し、
新規貫板には樹脂貫のタフモックを使用
(吹込み防止の面戸シーラーも取り付け)

防水テープ

棟板金交換後
棟版金の留め付けには釘ではなく止水性のあるパッキン付きのビスで留め付けました。
取り合い部分をコーキング処理して完了です。

街の屋根屋さん越谷店では 『雨漏り診断士』『屋根診断士』という資格を取得しているスタッフがいますので
屋根のことで雨漏りなどお困りのことが御座いましたらご相談ください。
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら越谷店にお問合せ下さい!
8:30~19:30まで受付中!!
0120-223-284