オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

白岡市にて銅製の谷樋に穴が!! ガルバリウム谷樋重ね取付


谷樋
白岡市にて雨漏り修繕工事の様子をご紹介します。

屋根は瓦葺きで谷樋と呼ばれている谷部分の板金には銅板が使用されていました。

銅板は昔から高価ではありますが加工性が良く耐久性に優れているので
屋根葺き材や雨の当たる場所に好んで使われて来た材料です。

しかし、酸性雨等によって陶器瓦の表面に使われてる釉薬を溶かしてしまい
強酸性となって流れ出し銅板と化学反応を起して溶かしていると考えられています。

実は近年このような事例が多数報告されています。
谷樋穴あき
十円玉ぐらいの大きさの穴が多数空いていました!
銅板穴あき
穴の下には下葺き材が見えてしまっています
防水テープ処理
新しくガルバリウムの谷樋を重ねる前に穴部を防水テープで補修しました。
瓦脱着
谷樋には瓦が被さっているので、サイドの瓦を剥がしていきます。
瓦剥がし
剥がした瓦は後で復旧するので慎重に作業しています。
ガルバリウム谷樋
ガルバリウム鋼板の谷樋を重ねて取り付けました。
完了
瓦を復旧して、部分的に瓦のズレ防止にコーキング処理して完了です。
谷樋カバー
瓦の色に合わせて 銀黒色のガルバリウム鋼板を使用したので見栄えもバッチリ!
棟瓦板金処理
棟の取り合い部分等特殊な納まり部も漆喰だけでは防水性に不安があるので板金とコーキングで補修しました。
before1
軒下の隙間
他にも雨漏りの可能性が考えられる隙間部を
コーキングや漆喰で隙間埋め補修しました。
horizontal
after1
漆喰埋め
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら越谷店にお問合せ下さい!
8:30~19:30まで受付中!!
0120-223-284