オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

屋根の重量は?えっ・・・そんなに重いの!?


屋根の重量ってどのくらいあるのだろう!?瓦屋根編

瓦屋根
日本瓦の場合は約50k/㎡あるといわれています。棟瓦の高さ・屋根の形状によって変動はありますが!一般住宅(30坪)だとすると寄棟で100㎡・切妻で80㎡
寄棟→5トン
切妻→4トン
えっ・・・・我が家の家の屋根はトラック並み、いやトラック以上の重みがかかっているなんて・・・
と思う人もいるかと
日本瓦の最大の短所は重量なのです。

耐久性に優れ、重厚感があり日本の建物には古くから愛されている瓦が・・・
屋根の重量が重いと、地震の時、建物の揺れが激しく建物の倒壊につながります。

地震多い日本にはどうかと考えることも多い屋根材です。


屋根の重量ってどのくらいあるのだろう!?コロニアル屋根編

コロニアル
コロニアルの場合は約24k/㎡あるといわれています。最近ではとても多く見受けられる屋根材の一つコロニアル屋根。素材はセメント・繊維を混ぜ合わせ、成形した厚み4.5㎜の屋根材。一般住宅(30坪)だとすると寄棟で100㎡・切妻で80㎡
寄棟→2.4トン
切棟→1.9トン

コロニアルは安価で軽く幅広く使われています。
短所は耐久性が短く、メンテナンスにお金がかかる。

屋根の重量ってどのくらいあるのだろう!?金属屋根編

金属屋根
金属屋根の場合は約6k/㎡あるといわれています。金属屋根の種類はとても多く鋼板・アルミ・ステンレスと様々な素材があります。その中でも耐久性に優れているガルバ鋼板素材の屋根がとても多く使用されています。
一般住宅(30坪)だとすると寄棟で100㎡・切妻で80㎡
寄棟→0.6トン
切棟→0.5トン

金属屋根の長所は耐久性に非常に優れている・錆にも強い、そして非常に重量が軽い屋根材です。
リフォーム時にはとても多くのお客様に使用されています
屋根材選びはお客様が住宅をどのようにお住まいになるかで変わってくると思います。
まずは専門業者にてお客様の要望をお話しして、お客様にあった屋根材選びが大切かと思います。


木村
信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら越谷店にお問合せ下さい!
8:30~19:30まで受付中!!
0120-223-284