オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

ドーマーのある屋根 ~ガルテクトカバー工法~


before1
ドーマーの納まり
既存 コロニアル
horizontal
after1
ドーマーのガルテクト
新規 ガルテクト

ドーマーって何? 

ドーマーとは

上の写真のように、屋根から突き出した小さな三角屋根や片流れ屋根とその窓のことです。
主に屋根裏や室内への明り取りや換気を目的として付けられます。
ただ近年は、外観上ヨーロッパ調のデザインとして付けることもあるようです。
ちなみにドーマーは英語の“dormer”で、その和訳は屋根窓です。
既存のコロニアル
既存の屋根材はコロニアルでした。
経年劣化でだいぶ色あせており
細かいひび割れもおきていました。
又、棟板金、雨押え、谷等の板金部も
色あせや部分的に錆も出ていました。
ゴムアスファルト
まず既存の棟板金、貫板、雪止めを撤去してからルーフィングを貼ります。
耐久性、止水性に優れた改質アスファルトルーフィングを使用しました。
ガルテクト葺き
新規の屋根材は
IG工業のスーパーガルテクト
色はシェイドブラックです。
鳩小屋
ドーマー部と、
その周りの屋根は屋根形状が
複雑になっているので
その分、手間がかかるのと
取り合い部の雨仕舞など慎重に
作業しました。
外壁取り合い板金処理
外壁の細かい出隅や入隅に合わせて
壁際の雨押え板金を加工取付し、
コーキング処理しました。


完了
最後に足跡を拭き取り清掃して
完了です。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

アーバニー

越谷市にて行ったスーパーガルテクトのカバー工法の様子をご紹介します。既存の屋根材はスレート瓦のアーバニーで全体的の経年劣化で色あせており、塗膜が剥がれて白い素地が見えているところや割れて欠損しているところがありました。まずは棟板金を撤去して...........

軒天

軒天とは 建物の外壁より飛び出している屋根の裏側の天井のことです。上裏(あげうら)と呼ばれることもあります。 材質は、ベニヤ板、ケイカル板、モルタル、金属系等 建物によって様々です。

平瓦のズレ

草加市で行った瓦のメンテナンス工事と破風板金巻きの施工の様子をご紹介をします。N様邸の瓦は‘平板瓦‘で別名‘F型瓦とも呼ばれています。FはフラットのFで平面を意味しています。その名の通り、よく見かける瓦にある山と谷の波形状をなくし、平板状の...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら越谷店にお問合せ下さい!
8:30~19:30まで受付中!!
0120-223-284