オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

瓦のズレと釘の浮きの不具合発生!! 瓦のメンテナンス工事ご紹介


草加市で行った瓦のメンテナンス工事と破風板金巻きの施工の様子をご紹介をします。

N様邸の瓦は‘平板瓦‘で別名‘F型瓦とも呼ばれています。FはフラットのFで平面を意味しています。
その名の通り、よく見かける瓦にある山と谷の波形状をなくし、平板状のデザインのものを総称で平板瓦と呼ばれています。

瓦の割れなどはなく、雨漏りもしていないので下地劣化の不安が少なかったのとリフォーム費用を抑えたいとの事で瓦の調整と釘の浮き直しのメンテナンス工事を行いました。
平瓦のズレ
瓦の下端がズレている箇所がありました。
瓦の種類や工法にもよりますが、桟瓦は瓦桟に引っ掛けたり瓦を重ね組むことによって固定されています。
釘やビスで一枚ずつ固定しているわけではないので台風等の強風や地震によりガタツキが生じることがあります。
棟瓦の釘浮き
棟瓦は釘で固定されていますが、
釘が浮いてきてしまっています。
このまま放っておくと、釘部から呼び水で下地の木材を劣化させてしまいます。するとさらに釘は弱まり結果瓦のズレや飛散に繋がってしまいますので注意が必要です。
釘頭コーキング
棟瓦の釘が浮いていて簡単に取れてしまうところはビスに入れ替えてから、浮き防止と止水の為に釘頭をコーキング処理しました。
ビス打ち替え
既存破風板
またN様邸は外壁はタイルでしたが破風板が木材の為外壁に比べて劣化が早いので板金巻きを行いました。
破風板金巻き
破風板に板金を巻くだけで耐久性はもちろんのこと建物全体の印象も際立ちます。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

アーバニー

越谷市にて行ったスーパーガルテクトのカバー工法の様子をご紹介します。既存の屋根材はスレート瓦のアーバニーで全体的の経年劣化で色あせており、塗膜が剥がれて白い素地が見えているところや割れて欠損しているところがありました。まずは棟板金を撤去して...........

軒天

軒天とは 建物の外壁より飛び出している屋根の裏側の天井のことです。上裏(あげうら)と呼ばれることもあります。 材質は、ベニヤ板、ケイカル板、モルタル、金属系等 建物によって様々です。

吊り金具取付

越谷市にて行った雨樋交換の様子をご紹介します。塗装作業前に既存の雨樋は撤去していて、破風板の塗装作業が完了したので雨樋の取り付けスタートです。まずは吊り金具を取り付けていきます。

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら越谷店にお問合せ下さい!
8:30~19:30まで受付中!!
0120-223-284