オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

小さな屋根に穴が!! 板金加工取付の様子をご紹介します。


穴
さいたま市にて行った板金加工取付作業の様子をご紹介します。 

なぜか軒天などに使用するケイカル板のようなボードが貼られていて、防水性は失われていて水を吸収して柔らかくなっていました。
腐食
ボードを剥がすと野地板も全体的に腐食していたので
野地板も剥がして下地の垂木を補強しました。


下地貼り
新規の野地板にはラーチ合板の12㎜を下地の垂木にビス止めしました。


軒先には唐草(水切り)板金を取り付けて、上端は防水テープをはりました。
唐草
防水紙
ルーフィング(防水紙)には
改質アスファルトルーフィング(ゴムアス)を
タッカー(ホッチキスの針のようなもの)で留めていきます。

外壁の取り合い部分には防水テープで防水処理!
見えなくなる部分ですがここが大事!!

現地で加工したガルバリウム鋼板をビスで留めていきます。
板金貼り

ガルバリウム鋼板
平場のジョイント部分は板金通しを組み合わせて引っ掛けたり掴みこんだりしながら納めてあります。
壁際の取合い部分をコーキングして完了です。

街の屋根屋さん越谷店では、 屋根の見た目の綺麗さはもちろんのこと、見えない部分の防水処理にも気を付けて丁寧な作業を心掛けています。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

アーバニー

越谷市にて行ったスーパーガルテクトのカバー工法の様子をご紹介します。既存の屋根材はスレート瓦のアーバニーで全体的の経年劣化で色あせており、塗膜が剥がれて白い素地が見えているところや割れて欠損しているところがありました。まずは棟板金を撤去して...........

軒天

軒天とは 建物の外壁より飛び出している屋根の裏側の天井のことです。上裏(あげうら)と呼ばれることもあります。 材質は、ベニヤ板、ケイカル板、モルタル、金属系等 建物によって様々です。

平瓦のズレ

草加市で行った瓦のメンテナンス工事と破風板金巻きの施工の様子をご紹介をします。N様邸の瓦は‘平板瓦‘で別名‘F型瓦とも呼ばれています。FはフラットのFで平面を意味しています。その名の通り、よく見かける瓦にある山と谷の波形状をなくし、平板状の...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら越谷店にお問合せ下さい!
8:30~19:30まで受付中!!
0120-223-284