オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

草加市にて築18年コロニアルからデュプロマット屋根カバー工法施工報告


コロニアル屋根
草加市にて築18年コロニアル屋根カバー工法施工報告!!!外壁塗装リフォームをご検討のお客様!屋根塗装で考えていましたが屋根カバー工法の商品説明をさせていただくと、大変気に入り屋根カバー工法を選んでいただきました。
築18年訪問業者が毎日のように勧めてきていたようです!
心配になり弊社に問合わせ!
無料屋根診断ののち見積→施工説明→契約になりました!
コロニアル屋根
現状の屋根材はコロニアル屋根が葺かれています!
コロニアル屋根は重量が軽く多くの住宅屋根に使用されています!
しかし、メンテナンスを疎かにすると防水性が無くなり雨漏りにつながります!
コロニアル屋根
今回使用される屋根材は

ディーズルーフィング デュプロマットスターと言う商品です
装飾性がおしゃれな屋根材になります!
しかもメーカー保証が30年と安心できる屋根材です!
弊社で多くのお客様に提供している商品なのです!
コロニアル屋根
http://www.deetrading.com/dsroofing/diplomat/

作業工程は
①棟板金撤去/雪止め撤去
②防水紙張り
③屋根材役物取り付け
④屋根材本体取り付け
⑤棟板金取り付け
です!
ルーフィング
防水紙作業写真

防水紙とは屋根材から万が一侵入した雨水を建物内部に侵入させない最終ストッパーです!
ルーフィング
下屋根写真
ルーフィング
下屋根写真

次の作業は屋根材役物取り付けです
役物とは屋根の取り合い部や雨水侵入時に内部に入らず雨水の逃げ道を作る役割を果たします!
板金工事
役物設置状況

役物設置が完了したら本体を張っていきます!
板金工事
屋根が一番低い部分から高い部分に貼っていきます!
デュプロマット
ガルバ鋼板屋根材とは一味違いますね!
かっこいい!!!


この続きは続編にて!!!

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

アーバニー

越谷市にて行ったスーパーガルテクトのカバー工法の様子をご紹介します。既存の屋根材はスレート瓦のアーバニーで全体的の経年劣化で色あせており、塗膜が剥がれて白い素地が見えているところや割れて欠損しているところがありました。まずは棟板金を撤去して...........

軒天

軒天とは 建物の外壁より飛び出している屋根の裏側の天井のことです。上裏(あげうら)と呼ばれることもあります。 材質は、ベニヤ板、ケイカル板、モルタル、金属系等 建物によって様々です。

平瓦のズレ

草加市で行った瓦のメンテナンス工事と破風板金巻きの施工の様子をご紹介をします。N様邸の瓦は‘平板瓦‘で別名‘F型瓦とも呼ばれています。FはフラットのFで平面を意味しています。その名の通り、よく見かける瓦にある山と谷の波形状をなくし、平板状の...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら越谷店にお問合せ下さい!
8:30~19:30まで受付中!!
0120-223-284