オンラインで屋根工事、屋根リフォームの無料相談・ご提案を実施

川口市にてコロニアル屋根の塗装工事(下塗り~上塗り)報告!!!


高圧洗浄
まず最初の工程は高圧洗浄です!長年にわたり屋根にこびりついたカビ/コケ/ほこりなどを洗い流す作業です!
板金部
棟板金部釘頭シーリング処理
板金部
棟板金部錆止め処理
下塗り
コロニアル屋根塗装の下塗りの様子です。

塗りを始める前に施主様宅廻りの状況、安全を確認します。(近くに車両が無いか、足場等に危険な箇所は無いか等)
下塗りで使用する塗料は屋根専用シーラーを使用します。
(シーラーとは下塗り材の種類の一つで塗料の密着性を高める役割を果たします
この下塗り作業により下地の吸い込みを止め、塗料を密着させる為とても大事な工程になります。

ローラーを使い塗り残しが無いように気を付けながらしっかりと塗っていきます。
中塗り
コロニアル屋根塗装の中塗りの様子です。

中塗りで使用する塗料はコロニアル塗り替え用シリコン樹脂塗料を使用します。
下塗り同様にローラーを使い塗り残しが無いように気を付けながらたっぷりと塗り込んでいきます。(あまり薄塗をしてしまうと仕上がりがムラになってしまいます!!
中塗り
コロニアル屋根塗装の中塗りのダメ込の様子です。

このダメ込と言う作業ではローラーでは入らない隙間、細かい箇所を写真の様にハケを使い塗り込んでいきます。一通り塗り終えたら塗り残しが無いかもう一度確認します。
上塗り
コロニアル屋根塗装の上塗りの様子です。

この寒い時期は塗料が乾く前に霜が降りるとツヤが消え、ムラになってしまいますので塗終わる時間にも注意が必要です

上塗りで使用する塗料は中塗りで使用した塗料と同じ塗料を使用します。
この上塗りは最終的な工程になります、やはり塗り残しやムラなどに注意しつつローラーでしっかりと塗り重ねていきます。

この工事と同じ工事を行っている現場ブログ

アーバニー

越谷市にて行ったスーパーガルテクトのカバー工法の様子をご紹介します。既存の屋根材はスレート瓦のアーバニーで全体的の経年劣化で色あせており、塗膜が剥がれて白い素地が見えているところや割れて欠損しているところがありました。まずは棟板金を撤去して...........

軒天

軒天とは 建物の外壁より飛び出している屋根の裏側の天井のことです。上裏(あげうら)と呼ばれることもあります。 材質は、ベニヤ板、ケイカル板、モルタル、金属系等 建物によって様々です。

平瓦のズレ

草加市で行った瓦のメンテナンス工事と破風板金巻きの施工の様子をご紹介をします。N様邸の瓦は‘平板瓦‘で別名‘F型瓦とも呼ばれています。FはフラットのFで平面を意味しています。その名の通り、よく見かける瓦にある山と谷の波形状をなくし、平板状の...........

信頼の施工実績
お客様の声
屋根工事・リフォームの点検、お見積りなら越谷店にお問合せ下さい!
8:30~19:30まで受付中!!
0120-223-284